パソコン教室で 開業 起業 独立するなら


5分でわかる!!

もし、あなたが

そしてパソコン教室
起業したいのなら

私が『力』になります。

このサイトは、『小資本でできて、成功の確率の高いパソコン教室』のつくり方を紹介しています。

5分でわかるパソコン教室 開業 成功 マニュアル

http://accnt.dp38099847.lolipop.jp/cnt/accnt.php?cnt_id=780518&ac_id=LA10277585&mode=total

 


パソコン教室を低リスク
開業したい人は他にいませんか?



昨秋のことです。この日、朝は冷え込みましたが、昼間はポカポカの快晴でした。

レッスンが ひと段落ついたので、熱いコーヒーを飲みながらメールチェックをしていると、、、

「このままだと廃業です・・・
  どうしたらいいのでしょうか?」
 の文言が飛び込んできました。

とある女性パソコン教室経営者です。

受信時間を見ると2分前。私はすぐにそこに書かれている番号に電話しました。





そして3ヶ月後・・・





教室の郵便受けに一通の手紙が届いていました。

封筒に書かれてあった差出人は、3ヶ月前のあの女性経営者です。

いかにも女性らしい筆跡ですが、とても力強い感じを受けました。

織田さん、こんにちは。
いつもお世話になっております。

普段はメールですが、今回は手紙にしました。これも織田さんに教わったノウハウですから。()

早いもので あの電話から もう3ヶ月が経ちましたね。
その間 教室におじゃましたり、来ていただいたり、電話したりメールしたり・・・色々アドバイスいただいたこと、本当に感謝しています。

織田さんとお話していると、今までの経営がいかに いい加減だったか 行き当たりばったりだったかを思い知らされました。
そして「とにかく死ぬ気で頑張ってみよう!」と ここまで頑張ってきました。

閑古鳥が鳴いていた教室。いつ閉めようかと 毎日毎日 考えていた教室。
それが、今では連日 生徒さんで賑やかになっています。
忙しいのが嬉しくって時々レッスンしながら泣きそうになっちゃいますよ。

本当に本当にありがとうございました。 そして これからも宜しくお願いします。     今井佳子(仮名) 拝




3ヶ月前、
『このままだと廃業です。どうしたらいいのでしょうか?』

そこから3ヶ月後、
『忙しいのが嬉しくって、時々レッスンしながら泣きそうになっちゃいますよ。』

これが同一人物なんですから。

もう、私も嬉しくて嬉しくて涙が出そうになりました。




はじめまして。

織田篤志(おだあつし)と申します。

愛知県でパソコン教室を経営しています。

そして志を同じくする全国の150の仲間と切磋琢磨し、どうすればより良い教室運営ができるのか、日々脳みそをフル回転させています。

それがボランタリーチェーン(VC)という全く新しい形。

私はこれで日本一を目指しています。  VCパソコンくらぶとは?→コチラ

織田篤志です
毎年 世界中の夢を持って富士山に登ってます♪


プロフィール

普段の私はこんなヤツです
→アメブロへ


このサイトはフランチャイズの勧誘をしているわけではありません。

いわゆる「情報商材」のサイトでもありません。

教材を買わせることを目的にもしていません。

では何を目的としているのか?



私はパソコン教室というものは、もっともっと増えなければならないと考えています。

正確に言うと『素敵なパソコン教室』がもっともっと増えてほしいと願っています。

これだけパソコンが普及しているにも関わらず、まだまだ操作方法で悩んでいる方(パソコン難民)が圧倒的に多いからです。

パソコン教室というのはサービス業です。

であるはずなのに、そのサービス(付加価値)があまりにも低い教室が、実は少なくありません。

「教えてやってるのに!」 「うちのやり方に従ってください!」 「さっきも同じことやったでしょ?」

これは極端な例ですが、『パソコンが得意 = サービス業が得意』という方は少ないように感じています。




パソコン教室は、人よりも少しパソコンの知識がある方なら誰でも開業することができます

しかも、他業界と比べて極めて小資本でできますし、脱サラ組の参入が多い業界です。

最近では女性の独立開業も増えてきました。

でも、当たり前のことですが、全ての教室が事業として成り立っているというわけではありません。


圧倒的に成功している人。

とりあえず食べていける程度の人。

廃業してしまった人。


パソコン教室と言えども、他の業界同様、勝ち組と負け組みに分かれているのが現状です。

誰でも開業することができちゃう。 ←これが問題なのかもしれません。



では、繁盛する教室を創り上げるにはどうしたらいいのでしょうか。

このサイトは「パソコン教室で起業したい」「成功したい」と本気で考えている方が、失敗の道を歩まないように、少しでも成功の確率が高まるよう提案をしています。

そして同じ志を持つ、同志として、ともに切磋琢磨し喜びを分かち合いたい。

そう思い立ち上げたサイト『繁盛パソコン教室の作り方マニュアル』です。



世間では、暗いニュースばかり。

不況、リストラ、賃金カットなどなど。

ところが、、、

そんな時代だからこそ、この業界には、超!超!!超!!!追い風が吹いています。

『パソコンができなくちゃ就職どころか面接すら受けられない』

『パソコンができなくちゃ情報すら得られない』

パソコンが使える人にとっては、「勤労世代で使えない人なんているの?」なんて思うかもしれませんが、世間では「インターネットで適当に検索するくらいしかできない」って人、驚くほど多いんです。

シニア世代は、インターネットすらできないため情報格差に焦ってはいるものの、どうすることもできない。

この100年に一度の大チャンス!!!

乗り遅れるなんてもったいない!



あなたにお尋ねします。

志はありますか?
 → はい!

パソコン教室を繁盛させたいですか?
 → はい!はい!

不況を嘆くより、今がチャンスと考えたいですか?
 → はい!はい!はい!

どうせなら低リスクで開業(リニューアル)したいですか?
 → はい!はい!はい!モチロンはい!






この私の提案、読むのにかかる時間はたったの5分です。

そしてこの5分が成否の分かれ目になるかもしれません。

実際、このようなお声をたくさんいただいています。

その内容に脱帽しました!
 
 織田さま
 先日、無料小冊子を送っていただいたW..です。
 
 さっそく拝見させていただきました。"なるほど"の連続でした。
 巷の冊子やネットの情報は成功者サイドの良い話がほとんどで、何故上手くいかなかったのかを取り上げたものが皆無でした。
 私のようにこれから開校しようとするものや、運営に手こずってる方が知りたいのはそこではないですからね。
 
 商売抜きにされてるからこそなのかもしれませんが、その内容に脱帽しました。
 特にチラシ、口コミツール、修了証、卒業のない仕組みには感心させられました。
 チラシ、口コミツールはパソコン教室とはなかなか結びつかない発想ですよね。
 良いショップ、ヘアサロンの感じに似てるかなと勝手に思い読んでいました。
 私も実際、今通ってるお店や美容室も、これらをキッチリやってる店員さんがいるところですもんね。
 
 これから少しずつ、私が望むスタイルに合うやり方をみつけて、地域密着した教室を目指して立ち上げに向けて励もうと思います。
 
 この度は貴重な情報をいただきありがとうございました。              (東京都 W..様)

 

具体的にイメージがつかめました!
 
 織田様
 先日無料小冊子を申し込みさせていただいたY..です。お世話になっております。
 
 冊子拝読させていただきました。
 大変分かりやすい内容で、右も左も分からない私には全てが勉強になりました。
 貴重なノウハウをご教示頂き、本当にありがとうございます。
 本当に無料でこんなに貴重な情報がいただけるなんて、織田様には感謝してもしきれません。

 少しずつですが、具体的にイメージがつかめてきました。
 これから一歩ずつ前進していきたいと思います。
 そして一人でも多くの方に喜んで頂けるよう頑張りたいと思います!
 
 今後開業に向け、不明な点等ありましたらご相談させていただいてもよろしいでしょうか。
 ご無理なお願いですが、よろしくお願いいたします。
 
 この度は色々とご教示頂き、本当にありがとうございました。
 生涯学習プリンセス様のより一層のご発展を願っております。          (奈良県 Y..様)

※この他の皆さんのお声はこちら


このサイトを読むのに必要なのはたったの5分。


「でも最後の方で 『ここから先は有料』 ってことになってるんでしょ?」

「うまいこと言って法外な請求書が届くんでしょ?」


だからぁ、そういった下品なサイトと一緒にしないで下さいって!
私、本気なんですから!!


スミマセン。取り乱しましたm(_ _)m


ぜひ最後まで、5分だけ、お付き合いいただきたいと思います。


まだ「アヤシイ・・・」って思ってる方。「結局は情報商材なんでしょ?」と思ってる方。

じゃあ、私のブログとか読んでください。もしくはこのサイトの最下段の読み物とか。

自分で言うのも何ですが、ちゃんとした男ですから()


■まず何からすればいいの?


パソコン教室のフランチャイズを見極める


一人でやれることには限界があります。

カリキュラムを組んで、チラシを作って、教材を作る、もしくは市場にあるものを選ぶ。

時間単価はどうすればいいのか。

どういった雰囲気作りをすればいいのか・・・。

やることが山積みです。


そこで『ノウハウを作るまでの時間を買う』という意味でフランチャイズに加盟する、という選択肢が浮上してきます。

まず全てのフランチャイズ 本部がホームページを持っていますので、画面に穴が開くぐらいじっくり比較検討するべきです。

そして、資料請求をし、本部担当者とじっくり話し合いましょう。

ここで一つ賢くならなければなりません。


それは・・・

フランチャイズ 本部は良いことしか言わない、ということです。


当然ですよね。

本音では1件でも多く加盟させたいんですから。

嘘は言わないですよ、訴訟になりますから。

でも都合の悪いことは上手に誤魔化します。

これ、間違いないです。パソコン教室のフランチャイズ 本部だけではなく、どんなフランチャイズ チェーンでも同様なんです。


1例を挙げますと、『うちは教室数が増え続けています』とか『撤退は、ごく少数です』と謳ってるフランチャイズ 本部。

実態は、廃業したフランチャイズ オーナーさんから格安で教室を買い取って直営にしたり、別のオーナーに売るなどして、見かけ上では減らさないなんてこともあります。


またフランチャイズを脱退して、完全な個人になったオーナーさんを、その数に入れているケースもありました。

こんなところには絶対加盟してはいけません。

ここ、重要ですから、もう一度言いますね。

フランチャイズ 本部は良いことしか言いませんよ!



じゃあどうやったらそのフランチャイズ 本部が良いかどうかを見極められるのか?

それは、すでに開業されているオーナーさんと会って全てを聴くことです。

遠慮なくフランチャイズ 本部担当者にセッティングをお願いしてみましょう。

運営に自信がある本部ならば、紹介してくれることでしょう。

ところが、オーナーを紹介できないような本部が少なからずあります。

こういうところは避けたほうが賢明です。

ズバリ!全部聞かれたら困るからです。

逆に、堂々と紹介してくれるフランチャイズ 本部は信頼できますし、将来にわたって良好な関係も保てると言えるでしょう。

この場合に注意しなければならないのは、フランチャイズ 本部の息のかかったオーナーは本部営業担当者と同類だということです。

そこも見極めが必要ですからね、ご注意を。









■失敗しないフランチャイズ選びとは?


ポイントとなる3大項目

フランチャイズに加盟する場合、次の3つがポイントになります。

@加盟金

Aロイヤリティー

B教材


では、順に説明しますね。



@加盟金について

高いフランチャイズですと200万円位するところがあります。

安いフランチャイズでは50万円とか。

一概に高いのが悪、安ければOKとは言えません。

高いフランチャイズには高いなりの、安いところには安いなりの理由がそこにはあるのです。

問題は、その金額で得られる対価がどうなのかというところになります。

高くても得られるものがその金額以上ならばリスクは相対的に下がります。

逆に安くても大したものが得られないならそれは無駄金となりますからね。

重要なのはその加盟金の内訳です。

研修費・看板貸し代・チラシ制作費・事務手数料等など。

その詳細にわたって比較検討していきましょう。

そして相対的に安くて内容が充実している本部を選ぶべきです。

ちなみに加盟金は、廃業もしくは脱退したところで返ってきませんからね。

最悪なのが、理由もなく高いところ。

そんなパソコン教室のフランチャイズが、、、あるんですよね、実際。



Aロイヤリティー

ロイヤリティーとは、フランチャイズ 本部に対する税金のようなものです。

ノウハウをフランチャイズ 本部から提供してもらう代わりに、その対価を支払うってことですね。

ここで注意したいのは、せっかく苦労して稼いだ荒利益の一部をロイヤリティーとしてフランチャイズ 本部に納めなくてはならないということです。


よくあるのが、売上に対し○%と設定しているパソコン教室 フランチャイズ。

例えばこれが10%なら、100万円稼いだとしても10万円は納めなくてはならない。

これ、裏を返せば、オーナーが頑張った分だけフランチャイズ 本部が儲かるという仕組みじゃないかと気付きます。

それって一見すると「売上も上がってるからいいじゃない?」と思う方もいらっしゃるでしょう。

ですがフランチャイズ 本部からのサポートは、売上が多くても少なくても変わらないんですね。

だからある程度運営が落ち着いてくると、そのうち馬鹿らしくなってくるんです。

「本部は何もしていないのに金だけ吸い上げるの?」と。

だから私がずばりオススメするのは“ロイヤリティー固定型”です。

月5万円程度のところならば、長く付き合えます。

儲かった分だけオーナーの利益になるというのは、やっぱりモチベーションが上がりますよ。

それがフランチャイズ 本部との関係を良好に保つ秘訣です。

加盟金にしてもロイヤリティにしても 「安さ」 を全面的にアピールしているところも要注意です。

本部の取り分が少なければ、優秀な人材も付きませんし、提供されるノウハウ等も質が悪いのは明白ですから。

いわゆる安かろう悪かろうの本部もたくさんあります。



そして最も重要なのは、その質。

ただの看板使用料に大事なお金を支払うことはナンセンスです。

きっちりと、儲かるためのノウハウを提供してくれるかどうか。

しっかりと精査して下さいね

ロイヤリティーとは、ノウハウの対価なのですから。



あと、もう一つ。重要なことを言い忘れていました。

それは、
見えないロイヤリティについてです。

『チラシはフランチャイズ 本部が作成します!』ってところも要注意です。こういう本部は、チラシ制作でも儲けてるってカラクリです。

その他、設備・備品類など、フランチャイズ 本部経由で仕入れるものは、すべてピンハネされてますからね。

これが
『見えないロイヤリティ』。これで儲けているフランチャイズ 本部は超!要注意です。



B教材

パソコン教室で最も重要な要素の一つが、教材だと言っても過言ではありません。

だから、どのパソコン教室 フランチャイズも”教材の分かりやすさ”というのを全面にアピールしています。

ところが、、、

本(テキスト)だけのところはキツイです。生徒さんも講師も。
経営的にも体力的にも、ね。

仮に生徒が増えたとしても、人件費も増えますからね。


教材は、セルフラーニング形式が絶対条件です。

セルフラーニングとは、映像教材で勉強するスタイルのことを言います。

講師はその補佐的な役割です。


学校の授業のように一斉型指導でやると、必ず遅れる人が出てきます。

また理解の早い人は、イラ立ちを感じ始めます。

そうなると、遅い人も早い人にも無理が生じ、結果として早期退会者を出してしまうのです。

完全な個別型のセルフラーニングシステムならば、遅い人も早い人も無理なく通うことができます。

また、生徒さんは好きな授業時間が選べる事になるので、通いやすくなります。

そして教える側の負担もぐっと軽くなります。

ですからセルフラーニング型の教材を持っているフランチャイズ 本部で、かつ、コンテンツ開発能力のある本部を選ぶべきです。

本(テキスト)にも利点はあります。

それは利便性です。

過去に習ったことをササッと見たりする場合は、圧倒的に本(テキスト)の方が早いですからね。

結論として、
セルフラーニング教材に同一内容のテキストがあるところ。それが最高の組み合わせですね。

あと、重要なのがその価格。

教材費で100万円とか200万円とかするフランチャイズ、普通にありますからね。

こういうところは加盟金などが低く設定されてても、教材で儲けているんです。ご注意ください。





さて、ここまでは、フランチャイズに加盟することを前提にした話をしました。



しかぁし!!!

『フランチャイズに加盟しない方法』というのも選択肢としては有りなんです。


つまり、全くの個人での開業。

FCの規約に縛られずに、自分のスタイルで。

フランチャイズに加盟した場合と、加盟しない場合、
その金額は100万〜500万円ほどの差になります。

これがフランチャイズに加盟する最大のリスクです。

スタートラインで背負うお金が全く違うのですから。



「でも、ノウハウが無いから高いお金を払ってでも
 フランチャイズに頼らざるを得ないんでしょ?」


はいっ。
フランチャイズに加盟しなくても、それ以上の運営ノウハウが得られれば良いんですよね?


え?!そんな方法があるの?とお思いのことでしょう。

そのタネ明かしをする前に、次項でとってもとっても重要な“立地”についての説明をします。









■繁盛する立地を探せ


優良物件とは@

数多くのパソコン教室オーナーの意見を集約すると、都心型よりも郊外型の方が集客しやすいようです。

また、競合する教室が少ない地域も業績を伸ばせています。

というのも、パソコン教室業界は成長していますが、同一商圏では限られた市場のシェアの奪い合いなんですね。

つまりは、敵は少なければ少ないほどいいんです。

人口が極端に少ない過疎地は別にして、ファーストフード店があるような町なら大丈夫です。

そんな町で、かつ、競合の少ない無風(微風)地帯を探し、出店すべきです。


そして、ほとんどの既存校がテナントを賃貸して開業しています。

理由は、自分で物件を持っていない脱サラ組が大半だからです。

言い替えれば競合も似たような条件で商売をしているということなんですね。

加えて、授業スタイルや価格などのアピールポイントはどこも似てきており、差がつきにくくなってきています。

となったら、まずは競合の無い(少ない)地域を探し、出店すべきですよね。


パソコン教室は、習い事の一つですから、通われる方は知的好奇心のある方です。

ですから、そういった方々が通いやすい環境というのも大切になってきます。

スナックや飲み屋の多い地域は完全にNGです。

学校や学習塾、公民館などが近隣にあると良い環境と言えます。

また主婦層が集まりやすい立地として、スーパーや喫茶店、美容院などの近くも良い立地といえます。

テナント・インの形をとるのであるならば、立地探しは慎重に、主観ではなく客観的に調査しましょう。


そして物件の大きさですが、およそ8坪〜15坪程度が良いでしょう。

坪単価は5000円〜7000円。となると家賃は10万円前後となりますね。

郊外であれば、駐車場も確保しなくてはいけません。

階ですが、もちろん1階が良いに決まっています。2階、3階、もしくはB1階などはできれば避けた方が良いです。


立地。

つまりどこに出店するかで勝負の半分は決まります。

立地が良い、というのは上りのエスカレーターを上るようなもの。

立地が悪い、というのは
下りのエスカレーターを上るようなものなのです。

同じ努力でも成果は全く違ってきます。

だから、立地選びは慎重に慎重を重ねても、充分過ぎることはありません。


次は、自宅の空きスペースなど物件をすでにお持ちの方へのアドバイスです。




優良物件とはA

物件がすでにあるのなら成功率はグッとアップします

●自宅に空きスペースがある場合

「一軒家で空き部屋がある」「離れが空いている」などの場合、自宅内での開業が可能です。

公文さんや学研教室さんなどと同じようなイメージです。

ちょこっと手直しをすれば充分生徒さんを呼べますよ。


この自宅開業のメリットを挙げますと、

 ・住宅地だからご近所の奥様やシニアの方々が来やすい

 ・口コミの効果が期待できる

 ・オーナーが主婦の場合、空き時間や休憩時間に家事・育児ができる

 ・テナント代(家賃)がかからない

 ・入居時の費用が不要

 ・改装費も少なくて済む


自宅 開業のデメリットももちろんあります。

交通量の多い道路に面したテナントなら、看板や店舗そのものが広告効果をもたらすため、時間の経過とともに認知度はアップしていきます。

反して住宅地の場合はそれが見込めない。


テナント入居・自宅改装、それぞれ一長一短があるんですね。

自宅改装型の最大のメリットは、「初期費用が圧倒的に安く済む」に尽きると思います。

それで、もしも手狭になるほどお客様が来てくれたのならば、同一商圏にお客様ごと広い場所へ引っ越せば良いんです。

これならばリスクを最小限に抑えられ、リターンも大きく育てるすることができます。

この手法を、私はスモールスタートと呼んでいます。

私がもし子持ちの主婦で、限定的にしか働けないとしたら、絶対このスモールスタートをするでしょうね。

だって本当にリスクが小さいんですから。でもって大きく育てられるわけですし。


さて、次に立地戦略に匹敵するほどの重要な事を説明します。

キーワードは『増客』です。









■繁盛教室を創り上げる


集客よりも大事なこと『増客』

フランチャイズに加盟する道を選ぶのなら、その選択一つで成否が決まります。

そして立地戦略も超重要だという事が分かりました。この2点で勝負の50%は決まってくると言っても過言ではありません。

では、残りの50%は?というと、それは生徒さんが辞めない仕組みだと思います。

集客はもちろん大事です。

これに異を唱えるつもりはありません。

しかし、集客した分だけ辞めていったらどうなるでしょうか?

もちろん生徒数は平行線のままですから、収入も平行線です。

成長しない事業は必ず疲弊し衰退していきますから、平行線では意味がありません。

右肩を上げ続けなければならないのです。

生徒さんが辞めなければ生徒数は増え続けます。

だから、集客すること以上に辞めない仕組みに力を入れるべきなんです。

私はこれを『集客』に対し『増客』と呼んでいます。


集客と増客。

言葉の意味はよく似ていますが、その力点が全く違います。

増客のイメージは、せき止められたダムのようなものです。

出口をふさげば入り込む水がチョロチョロでも確実に満たされていきます。

逆にたくさんの流入があったとしても、それを少しでも上回る流出があれば一向に水は溜まりません。

表現は後ろ向きかもしれませんが、

生徒さんを減らさないことが何よりも重要だと考えます。

その集客 方法に関しては、別の機会で紹介します。

この項で私が言いたいことは、集客より退会を減らすことの方が絶対重要だということです。



では、せっかく入会された生徒さんが辞めてしまう、その理由はどこにあるのでしょうか?

大きく分けて3つあります。


@習いたい事が無くなった

A家庭の事情

B教室のことが好きじゃなくなった


では、ひとつずつ見ていきましょう。



@習いたい事が無くなった

一般初心者の方がパソコン教室で習いたい事は、インターネット、メール、エクセル、ワード、年賀状、デジカメといったところです。

これらを一通りやろうとすると、1年〜2年程度で終わってしまいます。

つまり、1〜2年後には卒業というわけです。

もちろん1〜2年以内であっても、習いたい事がなくなった時点で卒業です。

だから生徒さんには、習いたいと思えることを次々と提案していかなければなりません。

そこで、フランチャイズ 本部のコンテンツ開発能力が大事になってきます。

また教室側も次々と何か新しいことを用意する努力が必要です。



A家庭の事情

これも多い理由のひとつです。

例えば、ご本人やご家族の病気であるとか、転勤、リストラなどのやむを得ない理由です。

これに関しては教室側がどのような努力をしたとしても退会になってしまいます。

ここで注意したいのは、家庭の事情を口実にするケースです。

真意は別のところにある場合もありますから、注意しておかなくてはなりません。



B教室のことが好きじゃなくなった

これが一番の問題です。

でも、相手は大人ですから露骨に「キライです」なんて言ってはくれません。

そこは普段の言動から感じ取らなければなりません。

こうなる理由は

100%教室側の努力不足と断言できます。

人は限られた所得の中から優先順位をつけて消費をします。

習い事というのは、衣食住には直接関係の無いことです。

それに対してお金を支払うわけです。

だから優先順位が上位にあるうちは通ってくれますが、教室の魅力が薄れてきた場合、優先順位は当然下がります。

パソコン教室のことが好きじゃなくなったらやっぱり辞めていくのです。

ですから、運営側が最も努力する点は、

いつまでも教室に魅力を感じてもらえるようにすること。

通う事に飽きさせないようにすることなんですね。

恋愛と同じだと思うのです。

繰り返しますが、生徒さんが辞めなければ増客し続けます。


フランチャイズの本部担当者に一度聞いてみてください。

『生徒さんの平均滞在期間はどれくらいですか?』と。

私が今まで聞いてきた既存校のデータでは、半年って教室が多いですね。

ちなみにうちは3年です。この違い、めちゃめちゃ大きいですよ!



さあ、いよいよ佳境に入ってきました。

次項では、すでにパソコン教室を開業されているが伸び悩んでいるオーナーさんに向けたメッセージです。









■顔晴れ!既存校。


悩める既存校さん、

あきらめるのは まだ早い!
ですよ。


私のところには、経営に関する相談が数多くやってきます。

これから脱サラして独立開業するぞ!と燃えている方、

現在自営業などをやられていて、パソコン教室を多角経営で考えている方、

自宅などを改装して起業をと考えている主婦の方、

あと、意外に多いのが、現在パソコン教室をやっていて、経営に苦しんでいらっしゃるオーナーさんです。


独立し、何年も経営されていて、業界の事も、自分を取り巻く環境も熟知されているのですが、打つ手が見当たらず、経営に行き詰っていらっしゃるオーナーさん。

新規にフランチャイズなどで独立したのは良いが、そのフランチャイズ 本部が全く当てにならずに、開業すぐに困ってしまったオーナーさん。

私たちは、そんな方々にも、できるだけのアドバイスをさせていただいております。

それが、次項でご紹介するノウハウ小冊子です。

このホームページで公開している内容よりも、もっともっと具体的に、繁盛するパソコン教室の作り方をお伝えしています。

反応率の高いチラシの作り方、その他の集客方法、レッスンのやり方、そして最も重要な「辞めない仕組み」について、具体的な方法を詰め込みました。


苦戦しているオーナーさんに共通して言えることがあります。

実はある部分で、「決定的に間違っている」と思っています。

それは、、、

『教えることのみに、力を集中しすぎている』



『自身が楽しむ&生徒さんに楽しんでもらう。』 ←ここに力を入れていない!!

もちろん、パソコン教室ですからね。

パソコンの技術を教えるのが第1と考えるのが普通でしょう。

でもそれでは・・・続かないんです。

あなたが持っている力が100としたら、『パソコンを教えること』に費やす力は20です。

残りの80は、『思わずクチコミしたくなるような、魅力ある教室にすること』です。

これ、カンチガイしないで下さいね。

教えることに力を入れるな、ってことではないですから。

それだけじゃ、だめってことですよ。

「じゃあ楽しい雰囲気作りすればいいんだ」って、安易に教室にお花を飾ったり、作品を並べたりと、どこもやっているようなことだけでもダメですからね。

『思わずクチコミしたくなる』というのは、もっと別次元のものですから。

パソコン教室を、『パソコンだけを教える教室』という考えからブレイクスルーし、効果的で独創的なことをしましょう。

こんなパソコン教室だっていいじゃん!っていうものを。

小冊子には、この、カンチガイ視点からの脱却、さまざまな商売のアイデアを記しています。



悩めるパソコン教室のオーナーさん、

あきらめるのは、まだ早い!ですよ。









■全てのノウハウを無料で公開します!


いかがでしたでしょうか?

実は私、はじめは学習塾のフランチャイズで開業したんです。

塾業界のこともフランチャイズのことも何も知らずに・・・。

そしてすぐに失意のどん底に落ちました。

このままだと、あと3ヶ月で廃業するしかなかったからです。

でも『どうせ潰すなら、最後まで悪あがきしてやる!』と思い、パソコン教室を併設しました。

その結果、見事にV字回復を成し遂げることができました。

この成功談は、同じ学習塾 フランチャイズに加盟しているオーナーさんの耳にも入るようになりました。

そして連日のように問い合わせをいただきました。




「パソコン教室繁盛の

   秘訣を教えてくれ!」 と。




もちろん仲間ですから、全てを伝えましたよ。

そして、ご縁をいただいた、北陸の方も、九州の方も、東北の方も、関西の方も、皆さん廃業せずに済みました。

一家離散の危機だった方もいらっしゃいました。

絶望の淵に立っている方も見えました。

でも今は、資金残高も増え、借金もどんどん減らしています。

本当の意味での家族の理解も得られ、充実した日々を送っていらっしゃいます。



そして、その運営ノウハウを小冊子にまとめました。

連日のように電話で問い合わせがありましたからね。

それはそれで大変だったんです。

だから文章にしてまとめ、それをまず読んでいただこうと思ったわけです。

その上で説明すれば、私も楽だし、より深く理解もしていただけるからです。


↓これです。(青い方)


タイトルは、『大公開!ローリスクでパソコン教室を開業して繁盛させるマル秘ノウハウ』です。

この小冊子では、集客から、レッスンのやり方、そして最も重要な「辞めない仕組み」について、

具体的な方法を詰め込んであります。


そして、パソコン教室を開業した暁には、

あなた自身が、地域になくてはならない存在』になりましょうよ。


ぜひこの小冊子をご一読いただき、あなた様の独立 開業に、ご繁栄にお役立ていただきたいと思います。

この無料小冊子で提供している内容は、このようになっています。

どれも教室運営の成否を左右するノウハウです。

繁盛教室をつくる 超ノウハウ集!

 ◇お金をかけずに集客する
   ・費用対効果の高いチラシの作り方(これを読めば集客効果の高い効果テスト済のチラシを作ることができます)
   ・生徒さんが営業マンになる口コミツール
   ・わずかな費用で集客する大作戦!色々てんこ盛り

 ◇生徒さんをとりこにする継続率を圧倒的に上げる仕組み
   ・教材で継続率がこんなにも変わる? 継続率の高い優良教材の選び方
   ・生徒さんに都合の良い教室とは?
   ・生徒さんとの距離感を一気に無くす方法とは?
   ・継続率の上がる会話術って?
   ・.安心して通える「困りごと何でも相談」
   ・生徒さんをとりこにする大作戦!色々てんこ盛り





ノウハウ小冊子だけではありません。

一緒にお送りさせていただくのは、当教室のニュースレターです。

「うちのニュースを読んで知ってくださいね。」なんてつもりでお付けするわけではありませんよ。

こういうツールを配ることで、生徒さんとの距離感を一気に縮めることができる。それを理解していただきたいからです。

一読すれば、「なるほど〜、こういうものを配れば顧客をファン化することができるのか!」と思っていただけるはずです。

そして、どうすれば「来月も読みたい」と思っていただけるのかがお分かりいただけることでしょう。



もう一つお付けします。

それは、感動情熱名刺です。

名刺だって、こういう工夫をするだけで、生徒さんは親近感をもってくださるんですよ。

そして、瞬間に話題が生まれるんです。

どんな名刺かは・・・、届いてからのお楽しみです!




いかがでしょうか?

●ノウハウの詰まった小冊子

●お客をとりこにする、ニュースレター

●話題を提供する、情熱感動名刺


これらを無料にて提供させていただいております。



「無料って言ったって、あとで何か請求されるんじゃないの?」

「その後に高額な情報商材のセールスがあるに決まってる!」

っていう声をよく耳にします。


こんな活動してる人間、世の中にそうは居ないですからね。半信半疑になるのも分かります。

でも、私、そんな下品な人間じゃありませんよ。()

お金をいただくなんて、そんなつもりは一切ありません。後にも先にも。

何かを売りつけることも、全く全くありません。

私の目指しているものは、究極のペイフォワード、
【ありがとうの連鎖】なんです。

お歳暮くらいは貰ってもいいかな、なんてね(笑)


今現在交流させていただいている150ものパソコン教室さんも、最初は半信半疑でした。

恐る恐る小冊子の申込をされた方もいらっしゃいます。

でも、今は

「あの時ご縁つないでおいて良かった〜」

「感謝してもしきれんバイ」

「神様からの贈り物のようでした。ありがとう!」


ってお言葉をいただいております。

そりゃそうですよね。小冊子のお陰で小資本で独立できたり、このノウハウで利益が出たりしてるんですから。

そんな感謝のお言葉をいただけることが、私にとって最高の報酬だと思っています。

御縁をいただいたお仲間さま 出会ってくれて、ありがとう♪
◇別府市 Mさま ◇高石市 Mさま ◇宮崎市 Iさま ◇豊田市 Fさま ◇岐阜市 Fさま  ◇名古屋市熱田区 Aさま ◇延岡市 Nさま ◇熊本市 Mさま ◇川越市 Sさま ◇勝浦市 Sさま ◇三田市 Uさま ◇常陸太田市 Kさま ◇滑川市 Sさま ◇神戸市東灘区 Tさま ◇さいたま市見沼区 Kさま ◇北見市 Mさま ◇福井市 Kさま ◇狭山市 Sさま ◇松阪市 Fさま ◇大阪市住吉区 Oさま ◇安城市 Nさま ◇関市 Oさま ◇加賀市 Yさま ◇日田市 Eさま ◇下野市 Oさま ◇札幌市手稲区 Sさま ◇松戸市 Kさま ◇大館市 Hさま ◇新潟市秋葉区 Sさま ◇奈良市 Oさま ◇山鹿市 Sさま ◇那珂郡 Kさま ◇八代市 Oさま ◇宝塚市 Tさま ◇仙台市青葉区 Oさま ◇長岡市 Kさま ◇坂東市 Kさま ◇広島市東区 Tさま ◇龍ヶ崎市 Sさま ◇西彼杵郡 Iさま ◇北上市 Oさま ◇都城市 Kさま ◇宜野湾市 Iさま ◇大津市 Yさま ◇柴田郡 Oさま ◇高砂市 Fさま ◇名古屋市港区 Iさま ◇札幌市厚別区 Aさま ◇塩尻市 Kさま ◇千葉市美浜区 Fさま ◇飯田市 Yさま ◇我孫子市 Tさま ◇蕨市 Iさま ◇古賀市 Yさま ◇越谷市 Sさま ◇宇陀市榛原区 Tさま ◇秦野市 Iさま ◇札幌市南区 Sさま ◇藤沢市 Uさま ◇流山市 Mさま ◇堺市堺区 Kさま ◇各務原市 Tさま ◇東京都練馬区 Tさま ◇京都市中京区 Nさま ◇笠間市 kさま ◇東京都足立区 Mさま ◇酒田市 Tさま ◇川崎市宮前区 Kさま ◇東京都板橋区 Kさま ◇豊田市 Iさま ◇札幌市白石区 Hさま ◇東海市 Iさま ◇東京都大田区 Sさま ◇稲沢市 Mさま ◇新宿区 Hさま ◇上尾市 Sさま ◇横浜市鶴見区 Hさま ◇相模原市 Kさま ◇名古屋市緑区 Hさま ◇四日市市 Nさま ◇高知市 Jさま ◇横浜市金沢区 Mさま ◇台東区 Yさま ◇多治見市 Aさま ◇城陽市 Mさま Oさま ◇豊中市 Uさま ◇取手市 Oさま ◇羽島郡 Iさま ◇藤井寺市 Nさま ◇豊見城市 Oさま ◇浜松市北区 Mさま ◇水戸市 Kさま ◇揖斐郡 Oさま ◇日南市 Kさま ◇足立区 Sさま ◇清瀬市 Sさま ◇秦野市 Kさま ◇川崎市中原区 Iさま ◇下妻市 Iさま ◇相楽郡 Kさま ◇姶良市 Oさま ◇富山市 Yさま ◇春日部市 Nさま ◇大阪市淀川区 Oさま ◇多可郡 Kさま ◇郡上市 Mさま ◇大分市 Kさま ◇宇治市 Mさま ◇枚方市 Yさま ◇福岡市早良区 Tさま ◇横手市 Iさま ◇糟屋郡 Iさま ◇弥富市 Kさま ◇名古屋市西区 Kさま ◇名古屋市中川区 Iさま ◇仙台市 Iさま ◇名古屋市緑区 Nさま ◇春日井市 Sさま ◇浜松市西区 Hさま ◇霧島市 Kさま ◇小平市 Yさま ◇名古屋市北区 Aさま ◇上益城郡 Hさま ◇岡山市 Yさま ◇千歳市 Tさま ◇北九州市 Sさま ◇新城市 Iさま ◇ひたちなか市 Tさま ◇横須賀市 Mさま ◇大仙市 Iさま ◇乙訓郡 Sさま ◇熊谷市 Mさま


だから本当に完全無料ですし、何の購入義務もございません。

こちらから強引にセールスするようなことも絶対、絶対!ありません。

保証いたします。

もし「売り込みされた」とか「不快な思いをした」ということがあれば、どうぞ電話してきてください。
0568-35-5755
です。タウンページに掲載してある電話番号です。




しかしながら、数量を限定させていただいたおります。

理由の一つは手作りで数多く作れないから。

もう一つの理由は、(自分で言うのも何ですが)ノウハウがありすぎるので、私や仲間の競合に巡り巡って渡るのを抑えたいから、です。

20167月25日(月) 現在で、あと残り15冊となりました。

手作りのため、正直、在庫は常に少ないのです。在庫が無くなった場合はご容赦ください。

先着順とさせていただいておりますので、どうぞお早めにお申し込み下さい。



冒頭でも書きましたが、私は、

『素敵なパソコン教室を世の中に増やしたい』

『志ある仲間と共に切磋琢磨したい』

『日本一のノウハウ集団を創り上げたい』
 と強く強く思っています。

ド真剣です!

私は体の奥底から湧き出る信念でこの活動をしています。


 ↑ ド真剣です!

繰り返しになりますが、私が目指しているものは、究極のペイフォワード【ありがとうの連鎖】です。

ノウハウを受け取って、感謝の気持ちを持っていただけたのでしたら、どうぞその気持ちを周りの誰かに分けてあげてください。

それが私の望みです。


だから、このホームページの運営も、ノウハウ小冊子の進呈も、私の直接利益になるものではありません。

完全にボランティアでやっています。掛かる費用は全て自腹です。

(自腹と言っても送料込で200円以下ですが・・・。でも本気じゃない方には200円だってかけたくないですもんね。)

ですから余分な費用を掛けるわけにはいきません。

このサイトだって・・・いかにもお金かけてないって丸分かりですよね。



ここでひとつお願いがあります。

「何となく面白そうだから小冊子もらっておこう」程度の動機では申し込まないでいただきたいのです。

本当に必要な方だけに、志のある方だけにお譲りしたいのです。

くれぐれも冷やかしの方は申し込まないで下さい。

冷やかしの方が多くなれば、有料にせざるを得なくなります。

どうか私に、これからもペイフォワードを続けさせてください。



だからお申し込みには条件をつけさせていただきました。

●どうしてもこのノウハウ小冊子が欲しいという理由

●燃えるような熱い思い


これらを文字にして私にぶつけてきてください。



この小冊子は本物です。本当にノウハウ満載です。

「本当に無料でいいんですか?」「ここまでさらけ出していいんですか?」という声が上がるぐらいの内容です。

だからこそ本気の方に読んでもらいたい。

何度も繰り返しますが、本気じゃない方への貴重な情報の垂れ流しだけはしたくありませんので、専用の申込フォームに「開業への思い」「小冊子が必要な理由」など、熱い志を必ず添えて下さいますようお願い致します。

あなた様の思いを拝読させていただいた後、2営業日以内に郵送(メール便)にてお届けいたします。


ただし、自教室との競合を避けるため春日井市周辺の方はご遠慮いただいております。
また、志ある私たちの仲間の教室と競合する地域の方にもお送りできませんのでご容赦下さい。
(お申し込み後にお断りのメールを入れさせていただく形になります)



私は一人でも多くの方にパソコン教室で成功していただきたいと願っています。

そして私たちがイキイキとパソコン教室を経営すること、

通って下さる生徒さんが毎日を楽しく過ごされること、

卒業された生徒さんが笑顔でお仕事・生活されること、

それがパソコン教室業界の地位向上につながると信じています。




本気の方、お申込は今スグどうぞ!

ボタンをクリックしますと お申込フォームにジャンプします





まだ迷われている方へ。

どうぞ、私からのメッセージをご覧ください。


ここまでご覧いただき、ありがとうございました。

▲ページの先頭に戻る


株式会社 元氣玉
パソコンくらぶ・プリンセス 織田篤志
(プロフィール&教室情報)

486-0918 愛知県春日井市如意申町3丁目1−2
TEL 0568-35-5755
E-mail
schoolgenkidama.cc
(迷惑メール対策のため@を●に替えてあります)



◆サイトマップ  ◆このサイトについて  ◆プライバシーポリシー  ◆プロフィール  ◆教室案内  ◆お喜びの声  ◆Q&A  ◆無料電話相談

◆読みもの『昨日の自分をちょこっと超える!15kgダイエット成功物語〜』
◆facebook 織田篤志
 ◆facebook 富士夢祭り ◆facebookLOBRAVE ◆元氣玉ブログ ◆VCパソコンくらぶ
  ◆Hana*Hana  ◆リンク集

Copyright 2008/8/16. All rights reserved.